上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【1】 朝の目覚め

目覚ましの音が、けたたましく鳴り響いています。
ぐっすりと眠りこんでいる最中に、いやおうなく、たたき起こされてしまいました。心も体もまだ眠ったままです。ようやく時計に手が届いて、目覚ましの音を消しました。
でも、まだまだ意識は朦朧としており、体はもっと眠りたいとしきりに叫んでいます。もう一度眠り込んでしまいそうな意識を、無理やりたたき起こして、ようやく目を覚ましました。


こんなに眠たいまま起きてしまった場合、体はどんな状態になっているでしょうか。少なくとも、昨日の疲れがまだ残っていることは確かです。
それではその逆に、一晩ぐっすりと熟睡して、眼覚めた朝はどうでしょうか。もちろん体は快調です。なぜなら、十分な睡眠を取ることによって、昨日までの疲れや肩のこりや、ストレスやいやな思いなどが解消されてしまうからです。

家の掃除にたとえて言うと、次のようになります。
部屋中に散らかっていた紙くずやティッシュや綿ぼこりなどが、全部掃除されて消えてなくなりました。乱雑にちらかっていた、新聞や雑誌もきれいに整頓されました。
まるで誰かが一生懸命掃除してくれた直後のように、部屋中がピカピカに光っています。
どの部屋も大掃除されて、家全体がきれいに片付きました。
体は頭のてっぺんから足の先まで、すみずみまで大掃除され、すっきりと整理整頓されて、体にとって一番いい状態にまで回復しました。 

このように、人間の体には、眠っている間に昼間の疲れが一掃されて、翌朝には、気分のいい快適な状態にまで回復するという仕組みがあります。
このような働きによって、体自身が日々健康に維持されていることが理解できます。
熟睡した休日の朝など、目覚めたまましばらく布団に横たわって、思わず寝覚めを楽しんでいることがあります。

「ぐっすり眠ったなあ、、、」

そんな解放感とともに、昨夜まで何となく気になっていた腰のはりや、肩のこりなどが取れて、全身がまるで焼き立てのパンのように、ふかふかと気持ちよく蘇っています。
ぐっすり熟睡するとは、少々の地震や雷鳴があったことなどまったく覚えていないくらいに、体と心の芯から眠り呆ける、眠りこけることを意味します。
ぐっすり眠ったか、それとも睡眠が浅いかは、自分自身にとっての自覚的な判断ですから、自分だけにしか分かりません。
ただ熟睡した朝の顔は、どこかゆったりとしており、円満な顔立ちに戻っています。

眠たいまま無理に起きてしまえば、掃除の真っ最中に掃除が中断されてしまい、ほこりだらけのまま散らかったまま、眠たい眼をこすりながら起床することになります。
この状態は決して病気ではありません。けれども体にとって最良の状態ではないことも確かです。もっともっと必要な体のメンテナンスが完全に終わらないうちに、体を放り出したままの状態です。

このような中途半端な状態だと、会社に出かける時にもまだ眠たかったり、肩がはっていたり、肌が荒れていたり、頭が重かったり、何となくぼんやりとしています。生理が不順であったり、アトピーなどが悪化したりしています。心も何となくすっきりしません。
通勤電車の中でもう一度ひと眠りしたり、会社に向かう途中で、気持を奮い立たさなければなりません。

このように観察してくると、熟睡することによって、知らず知らずのうちに、人間は体調、そして心の状態を万全に調えていることが分かります。
目には見えないけれども、睡眠にはこのような大切な働きがあります。疲れが取れるだけではなく、引きかけていた風邪や軽い鼻風邪であれば、一晩ぐっすり眠るだけで治ったりします。
このような効果があるために、一昔前までは、このような効力を自然治癒力(しぜんちゆりょく)と呼んでいました。

現代医学にはこのような用語はありません。自然治癒力が、現代医学的な手法によって、ホルモンなどのように一つの物質として単離され、その存在が証明されたわけではありません。その意味では現代医学的に認めることができないことも、十分に納得できます。

しかしそれはそれとして、あくまでも一つの考え方ですから、体に関わる大切な文化の一つとして、自然治癒力という考えが、人々の考え方の中に存在していても決しておかしいことではありません。
現代科学によって証明されれば、なおのことその価値が高まるでしょう。しかし、証明されないからと言って、すぐにすべてを捨て去ってしまえばいいというものでもありません。

自然治癒力を、このようにはっきりと齎してくれる睡眠という働きは、体自身を健康に維持するための、基本的な体の仕組みであると捉えることができます。
体だけではありません。いやな思いや記憶が消えたり、ストレスなども軽減します。
どうしても消えない思いのために、一晩中悶々として眠れない。そんな不愉快な思いや嫌な人物の顔も、ぐっすり熟睡するだけで消えていってしまいます。

このように熟睡という生理機能は、体だけではなく、心にとっても心の健康を回復する、大切な仕組みであることがよく分かります。
熟睡によって心身が最良の状態に調うため、目が覚めたときに感じる、体と心の感覚が最良の体調を表しています。
このように考えると、自分自身で実感する熟睡感が、健康上の、自分自身の基準となる基本的な感覚です。
もう少し広く表現すれば、熟睡して目覚めた朝の心身の実感は、自分自身の生存の基本感覚です。
熟睡すれば体の快適な感覚とともに、心もどこか満たされて穏やかです。


朝の目覚めは、一日の体調のバロメータです。
今朝の目覚めはいかがでしたか。

→朝の目覚め・2へ

内科・漢方外来 - 神奈川県横浜市 -
渡部内科医院

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。