上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1章 人間の一日の自然な姿

私達の一日の、自然なそのままの姿について観察し考えてみます。
私達人間は、朝起きて夜寝るまで、一日をどのように過ごしているでしょうか。
改めて考え直すまでもありません。ごく決まりきった姿です。

ところが、この一見当たり前として見過ごされてしまう、自然な生理現象の中にこそ、生活の基本となる体の仕組みの根幹が隠されています。
古代中国人は、人間の生きているそのままの姿に注目し、体の仕組みを洞察し把握して、漢方という古代医学を創案しました。

ふだんの生活における、そのままの自分自身を振り返りながら、自身である体について考ていきたいと思います。
これらに関連する、漢方薬や漢方の基本となる考え方についても触れていきます。


《第1章 人間の一日の自然な姿 目次》

【1】 朝の目覚め
【2】 朝食を取る
【3】 便通は体調のバロメータ ― 体は“空(から)だ”
【4】 肩がこるとき
【5】 ドライアイ
【6】 長引く口内炎
【7】 体力不足と冷え性 - バッテリーの容量
【8】 過労死の原因はバッテリーが急激に上がるため
【9】 お酒を飲めば
【10】 睡眠は自然のエステ
【11】 肌の荒れはなぜ起きる

内科・漢方外来 - 神奈川県横浜市 -
渡部内科医院

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。