上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「古代漢方医学入門 -人体の自然な仕組み-」の紹介です。

bookkodai.jpg





 漢方とは漢方薬のことではなく、本来漢方医学のことを指す。
 医学として成立するに当たり、人体自体が解明されなければならない。実際に解剖も行われたが、人体そのものを探求するに当たって、『陰陽五行と気』という、当時の自然観がその前提となった。
 従って人体の仕組みも、『陰陽五行と気』によって理解される。

 中医学では、その伝統に基づき、『陰陽五行と気』の理論によって、人体を理解し、病状を把握し、診断と治療が行われる。これに対して、日本の漢方医学では、これらの古代理論が了解不能として、江戸時代に捨て去られてしまった。この為に、現在では、現代科学的な研究は盛んであるが、漢方薬の効能のみが追求されるという、印象を与えかねない。また医学理論そのものが、その対象として、深く探求されることは少ない。
 従ってその医学理論の前提となる、『陰陽五行と気』が、人体において、どのような実態を有する理論であったかについて論じられることは、極めて稀である。
 陰陽五行のうち、五行は肝心脾肺腎という、明らかな指定がある。他方、陰陽については、人体の実質の何をもって陰陽とするかについて、明確に語られているとは言い難い。

 本書では、古代医学上、人体の仕組みをどのように捉えていたか、特に陰陽を中心に、現代的な視点から論じた。またその応用として、虚証と呼ばれる病態を中心に、保険漢方エキス方剤の使い方を詳説した。




-目次-

まえがき

第1章 漢方医学とは 
§1-1 漢方の二つの流れ
§1-2 医学の成り立ち
§1-3 人体観と人体像
§1-4 人体の観察

第2章 古代漢方医学 
§2-1‘陰陽五行と気’(太極理論)
§2-2 古代漢方医学の曙
§2-3 人体の生存の実態
§2-4 昼の姿と夜の姿
§2-5 自然界との物質の交換
§2-6 人体の生存の実態(まとめ)

第3章 陰陽 
§3-1 陰陽五行の展開
§3-2 陰陽の設定(1)
§3-3 陰
§3-4 陽
§3-5 陰陽の設定(2)
§3-6 陰陽の仕組み
§3-7 陰陽のバランス

第4章 五行 
§4-1 肝心脾肺腎
§4-2 二種類の五行
§4-3 心を中心とする五行
§4-4 五行の相関関係

第5章 気 
§5-1 気
§5-2 経絡
§5-3 後天の気
§5-4 先天の気
§5-5 太極理論と太極図

第6章  気血水 
§6-1 気と血と水
§6-2 人体の構成
§6-3 人体の仕組み(陰陽五行と気血水)
§6-4 気血水システムの日内変動

第7章 生命と健全性 
§7-1 生命観
§7-2 生存本能
§7-3 睡眠の意義
§7-4 健全性維持機能(定常)
§7-5 体内環境と体質
§7-6 二種類の体力
§7-7 心身一如

第8章 体質改善 
§8-1 体質改善の基本
§8-2 体質を改善する基本方剤
§8-3 一日の疲労は小柴胡湯で軽減する
§8-4 数日間続く疲労には桂枝茯苓丸を用いる
§8-5 胃腸虚弱には人参湯を用いる
§8-6 根本的な体質改善は八味地黄丸から始まる
§8-7 温度環境を調えて体質を改善する
§8-8 体質改善の手順
§8-9 体質改善の実例
  A.体質改善の基本方剤(基本形)
  B.典型的な虚証例
  C.冷えや胃腸症状が著しい例
  D.症例 
虚弱典型例
夏バテの中学生 
月経前症候群 
過敏性腸症候
出産後の倦怠感 
胃熱に伴う口臭 
六十才代の過労に伴う易疲労感 
高齢者の特発性浮腫 
高齢者の逆流性食道炎・胃炎 
高齢者の易疲労感・体重減少 
高齢者の胃腸虚弱
   
§8-10 体質改善の留意点
§8-11  体質改善から見た漢方医学
§8-12  古代漢方医学のまとめ
 
あとがき


スポンサーサイト
→肩がこるとき・2

肩こりに処方される漢方薬では、葛根湯(かっこんとう)が有名です。
葛根湯は葛根(かっこん)をはじめとして、七種類の生薬からなる漢方薬です。
首の後ろを中心に気の流れを改善します。

漢方医学の考え方によれば、人体にはあたかも血液循環系のように、気というエネルギーが流れる、ネットワークシステムが全身に存在します。
このネットワークシステムは、歴史上、経絡と呼ばれてきました。
気エネルギーは血液循環や体液の流れとともに、気血水という全身のシステムを形成しています。

気とは気エネルギーであり、また気エネルギーの流路である気システムを指します。
血とは血液とその循環であり、血システムを指します。
水システムとは体液とその循環を指します。体液とは、正確には血液の中の液状成分を含みますので、水は血と大きく重なっています。
これらはそれぞれのネットワークシステムである、気システム、血システム、水システムを作り、それぞれが全身を流れて全身を潤すとともに、三者全体で、気血水システムというより大きなネットワークシステムを構築しています。

漢方は、現代医学が指摘している、いろいろな組織や臓器とは別に、
「気血水システムという仕組みが存在する」
そのような独自の考え方に立った古代医学です。

気血水システムとは、固定した組織や臓器の内側にあって、その内部環境を形成しています。(時には、気ないし気システムで気血水システム全体を指していることがあります。)
気血水システムは日常生活において、それ以外の組織や臓器とともにあるいはそれに先立って、間断なく変動しています。
気エネルギーや血液や体液の流れに異常を来たした時に、さまざまな症状が生じ、放置しておけば、いずれは組織や臓器にも悪い影響を及ぼしかねません。
漢方医学の中には、現代医学に近い考え方もありますが、大きくは気血水システムの異常を、生薬や漢方薬などによって治療する医学であるといえます。

内科・漢方外来 - 神奈川県横浜市 -
渡部内科医院
下記の日程で休診となりますのでお知らせいたします。

【休診日】
2011年8月12日(金)~17日(水)まで


何卒、ご了承下さい。

内科・漢方外来 - 神奈川県横浜市 -
渡部内科医院
関連記事
→肩がこるとき・1

一般に、疲労はさまざまな活動が生理機能の限界を越えたときに、発生すると考えることができます。

その一例として、走るという活動を考えてみます。

足を中心にいろいろな筋肉が伸びたり縮んだりして、走るという行為が行われます。
走れば走るほど、筋肉が伸縮を繰り返します。
あらゆる生理機能は、呼吸運動とともに体内の物質代謝によって行われるため、筋肉が伸縮するたびに、必要なエネルギーが生成され使われます。
その過程で生じた代謝物質や老廃物質が、各種の経路や機能を通じて処理されます。

走り続けるためには、必要な物質が効率よく供給され消費されて、目的を達成するとともに、走ることによって生じた不要な物質を、スムーズに処理することが要求されます。
飲んだり食べたりしたものが、胃や小腸で消化され吸収され、分解されたり合成されたりしながら、さまざまな生理活動が行われています。
仕事に集中すればするほど、仕事がはかどればはかどるほど、これらの一連の物質代謝が活発となります。

ところが、代謝がある状況に達すると、物質代謝の能力の限界に到達します。

心臓は一分間に七十ないし八十回前後拍動しています。
呼吸運動は一分間に十六回前後行われています。
このように人間の体は、外側から直接確認することはできませんが、目には見えない体の内側で(皮膚や髪の毛など、体の表面も全部含めての話です)、大きくは肉眼的なレベルから、小さくはミクロの分子レベルまで、さらにそれ以下のレベルにおいても、一瞬の途切れもなく、全身がさまざまな活動や変動を繰り返しています。

生活をしていく上で、心臓や肺などを始め、すべての組織や臓器はたえず変動しながら働いており、その変動、つまり働きには限度があります。
一つは走るなら走るという目的を達成するための、本来の生理活動という面において。
もう一つはその結果生じた老廃物などを処理するという、人体を健全に維持する面において。

例えばの話、人間は飛行機に乗れば空を飛ぶことができますが、人間自身の力、つまり体自身の持つ働きの中には、空を飛ぶ能力はありません。
どんなに早く走ったからといって、一秒間に何百メートルも走ることはできません。

これほどに大げさに言う必要はさらさらないのですが、改めて述べるまでもなく、体には体の仕組みとしての原則があり、その能力には限界があります。 
個人差があることも事実です。

→肩がこるとき・3へ

内科・漢方外来 - 神奈川県横浜市 -
渡部内科医院
【4】 肩がこるとき

朝食を取って、通勤電車にもまれながら今日も職場に向かいます。
会社に着き自分のデスクに向かえば、しだいに集中していき、仕事がどんどんはかどっていきます。
ところが、二、三時間経つうちに、しだいに疲れが出始めます。
あくびが出たり、思わず背筋を伸ばしたり、時には肩がはったりしていることに気がつきます。そのうちに、集中力が低下し始めて、仕事の能率は落ちてきます。
肩の凝りは人それぞれですが、中には、ちょっと触っただけで、パンパンに張っており、まるで肩が一枚の板のように感じられることがあります。


仕事に集中するうちに、やがて疲れが出てくる。
自然な現象です。知らないうちにあくびが出て、背筋を伸ばしたり、肩を回したり、頭を反らせたりします。

あくびを漢字で書けば、「欠伸」となります。
つまり伸びを欠いた状態であることを示しています。
筋肉が凝り固まってしまい、体が硬直して起きる現象です。

かがんだまま捩ったままの、不自然な姿勢から解放されると、思わずほーと長い息を吐き出します。
あくびと同じ現象です。どちらも呼吸運動が不足した結果起きる現象です。

呼吸が制限されると、体内には炭酸ガスや熱が溜まり、逆に酸素が不足します。
そのまま放置しておけば体内環境に異状を来たして、体が正常に機能しなくなります。
これを防ぐために、息を吐いたり吸ったりするわけですが、どちらも鼻から肺に到る気道を通って行われるため、呼気と吸気が交互に繰り返されます。

ここにも体の外から必要なものを取り入れ、不要なものを体の外に出すという、体の仕組みの基本が表れています。


欠伸(あくび)。

人間をよく観察し考え抜かれた、漢字表現ではないでしょうか。

また、「伸び伸び」という言葉も、人間の心と体の実感に即した、そのままの表現です。
ペットブームの現代社会では、犬や猫が背筋をぐーんと伸ばしている姿を思い浮かべる人も少なくないでしょう。

あくびや伸び伸び感を、長い間忘れてしまった人
筋肉が硬くなり、体全体が硬直しかかっています
心も柔軟性を失っています

そのような体と心の状態では、仕事も思ったほどには、捗っていないかも知れません。
このような時血液検査を受ければ、血液の濃縮度を示すヘマトクリットが、やや高くなっていることが少なくありません。
体内に熱がこもっている。
こんな人達が増えてきました。

→肩がこるとき・2へ

内科・漢方外来 - 神奈川県横浜市 -
渡部内科医院
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。